「新しい服を買ったもののクローゼットはいっぱいで入れる場所がない」
「何かを捨てないと入らない、どれを捨てるべきか迷うな」

このようなシチュエーションの時に、
「これを捨てよう」
とすぐに決定できる方法をご紹介します。

この方法をとることで、 いざ物を捨てなくてはいけない場面の時に、すぐに捨てるものを選べます。

クローゼット内の一角に「捨てる候補スペース」を作ります。

あまり着ないもの、古くなってきたものなどを捨てる候補スペースに置きます。

同じことを下駄箱でもやります。

使用頻度の低い靴を、捨てる候補のスペースに移動させます。
下駄箱の一番下は使いづらい場所なので、捨てる後方スペースにちょうど良いです。

この捨てる候補コーナーの良いところは、
捨てる心の準備が日々できてくるところです。

実際にはまだ捨ててはいないけれども、
捨てる予行練習をしているみたいなところがあります。

そして日々クローゼットを開けるたびに、無意識下にも捨てる候補スペースを見ていて、 なんとなく置いてあるものは、 いずれ捨てる物という覚悟は決まっていくものです。

新しい服や靴を買うための、 前向きな準備として
捨てる候補スペースに物をどんどん移動してみてはいかがですか。