アルカリ洗剤、中性洗剤、酸性洗剤って何?

洗剤の裏面の表示欄をみると、「アルカリ性洗剤」や「中性洗剤」や「酸性洗剤」と書いてありませんか? 

この分類を液性と言います。

汚れにあった液性の洗剤を使うことで、驚くほど汚れ落ちが良くなります。

洗剤の液性

洗剤には洗浄力を高めるために
アルカリや酸の成分を加えた商品が多々あります。

加えられた成分により
「アルカリ性洗剤」、「酸性洗剤」となります。

pH(ペーハー)は水素イオン濃度指数のことです。
HはHydrogen の略で水素のことです。

ペーハーが高いとアルカリ性
ペーハーが低いと酸性です。 

水素イオンの濃度を示すペーハの数値で区分けされています。

アルカリ性洗剤

酸性の汚れを落とすための洗剤

酸性汚れの代表格は「油汚れ」。
べっとりついた油汚れを落とすのに活躍します。 
換気扇周りやレンジまわり用として
売られていることが多いです。 

弱アルカリ性洗剤

「弱」とつくようにアルカリ性より少しマイルドな液性。

レンジ周りから室内各所まで幅広く使えます。
住宅用洗剤の多くが、弱アルカリ性タイプです。
洗濯用の洗剤も同様に弱アルカリ性が多いです。

中性洗剤

アルカリも酸も加えず
界面活性剤の働きだけで汚れ落とします。

合成洗剤の中で一番穏やかな液質
台所用のほか、洗濯のおしゃれ着洗い用洗剤などに
使われています。

弱酸性洗剤

酸性洗剤より少し洗浄力がマイルドな液性。
そのためカーペットなど布の素材を痛めることなく拭き掃除ができます。

酸性洗剤

家庭で使われることの多い酸性洗剤といえば、
強力なトイレ用洗剤です。

尿石や水アカ、便器の黄ばみといったアルカリ性の汚れに効果を発揮します。

まとめ

洗剤の適正を知って、汚れにあった洗剤を使いましょう。

どれだけ頑張っても落ちなかった汚れが、
洗剤を変えるだけで簡単に落ちることはよくあります。