カビが生えてしまう人にこそ知ってもらいたい。カビ予防とカビ取り

見た目も黒くて汚くて不快な存在のカビ。

カビの持つ嫌な特徴の一つが繁殖力が強いことです。
カビの胞子は空気中を漂い、高温多湿で一定の栄養分が
あれば、あらゆる場所に入り込みいくらでも増えます。

見た目が不潔に見えるだけでなく私たち人間にアレルギーや病気の原因となってしまいます。
真菌はカビの一種で水虫の原因にもなります。

カビは毎日の予防と対策をご紹介します。

カビ予防とカビ取り

クローゼット

  • 換気が大切

しめっぱなしは NG。 毎日頭を開けて換気をしましょう。
風の通り道が必要なので、下にはすのこをしき、側面は壁との間に
少しすき間を開けます。

カビを発見したらすぐに拭き取って消毒用エタノールで退治します。

浴室

毎日を対策としては、
浴室の利用が終わったら、お湯を抜き、床や壁にシャワーで冷水をかけると浴室全体の温度を下げるとカビ予防になります。

カビが発生してしまったら、
初期のカビであればブラシでこすり落としてからエタノール。

頑固なカビには、ブラシだけでは取りきれないので、
市販のカビスプレーを使います。
王道のカビキラー

靴箱

はいた直後の靴は、汗を含んでいて湿っています。
すぐには靴箱に入れないようにします。

靴の収納は、詰めすぎず少しゆとりを持たせます。

靴箱の中に風が通すため、時折靴箱の扉を開けるのもカビ対策になります。

キッチン

キッチンは火も水も使う場所であるため、湯気がでて湿度が高い場所です。
特に流し台の下は水やお湯がながれる排水管があり、カビが好む高温多湿な空間。

使用後には流したいの扉を開けておくと効果的です。

冷蔵庫

冷蔵庫内でカビが発生すると、食中毒の元になるので注意が必要です。
対策は、ズバリ、こまめな拭き掃除。