普段の掃除で最も手間がかかるのはキッチンです。
キッチンの掃除の大敵は何と言っても油汚れ。
その次に吹きこぼれ。
どちらも毎日出る汚れです。
これにホコリが組み合わさって時間とともに空気や光熱の影響を受けてだんだん硬くなり落ちにくくなっていくのです。

まとめて大掃除をするよりも汚れが少ないうちにこまめに掃除をすることが一番楽な掃除方法です。

キッチンの場所ごとの掃除

キッチンの場所ごとにどのように掃除をすれば良いかを書きます。

換気扇

キッチンの汚れの中で一番厄介なのが換気扇

たまったホコリに油分がついて吸着汚れになりやすい換気扇。
汚れがたまると故障しやすく機能も低下します。

水蒸気や煙と一緒に吸い込まれた油が、
うすくベタついてきた段階ならまだ楽に汚れは落ちます。
しかしこれを放置すると洗剤で少し拭く程度では落ちなくなってしまいます。

掃除のコツは、
塗装されていないプラスチックや金属の部品はアルカリ性洗剤液でつけ置きします。

塗装されているものはアルカリ性洗剤を使うと塗料が剥がれるのでつけ置きできません。
家にある大きめのバケツなどの入れ物にお湯を張りアルカリ性洗剤を入れてつけ置き洗いします。
大きくてつけ置きできない場合は、洗剤をつけたキッチンペーパーを湿布貼りします。

何回かつけ置き洗いしても落ちない時はプロの掃除業者の力が必要になることも。

また油汚れは気温が高い方が落ちやすいので夏に行うと比較的に楽に落とすことができます。

ガステーブル

ガンコな油汚れをつけ置きできなければアルカリ性洗剤を湿布する

料理の時に飛び跳ねた油や煮汁は熱いうちなら水で絞った雑巾で拭けば良いのですが冷めて固まると落としにくくなってしまいます。

さらに時間が経つとガスの熱で焼き付けられ、こびりついて落としにくくなるので早めのお手入れを心がけましょう。

また見た目は綺麗でも裏側や隅など細かい部分を見落としがち。
五徳の溝やバーナーキャップなども忘れずに手入れしましょう。
特にバーナーキャップの穴が詰まっていると熱効率が低下して余計な電気代がかさみます。

1  外せるタイプならできるだけ外して洗った方がすみずみまでキレイに落とせるので良い。

2  汚れても良い雑巾で大まかに汚れを落とす。

3  割り箸を使って汚れをこすり落とす。こうすることで汚れの表面に亀裂を作れるのでこの後の洗剤を浸透しやすくなる。

4 洗剤をガステーブル全体にかける
汚れがひどい場所には洗剤で湿布。

5 20分ほどだったら汚れが緩んでくるのでこすって落とす

6 水洗い乾拭きして終了

五徳と受け皿

五徳や受け皿は形が立体的なことが多いのでスポンジでこするよりつけ置き洗いが楽

油汚れが吹きこぼれ終わりに洗剤液が行き渡り汚れを浮き上がらせて落ちやすくします。

重曹を使う場合は、そこにクエン酸を混ぜて発泡させると泡が汚れを浮かせて落ちやすくなるのでオススメです。

塗装されたタイプのごとくや受け皿の場合は、アルカリ性洗剤を使うと塗装が剥げてしまいますので使ってはいけません。
その場合は中性洗剤を使って掃除をします。
1 五徳受け皿を外す
2 汚れを雑巾と割り箸を使ってこすり取る
3 大きなゴミ箱などの容器にお湯をはり、五徳受け皿を入れる
4 五徳や受け皿の座椅子にあった洗剤を入れる
5 30分経って汚れが落ちてきたらこすり洗いと水洗いで終了

ガステーブル周りのタイル壁

ガステーブルの掃除ばかりに気を取られがちですがガステーブルの周りの壁にもハネた油が付着しています。

目に見える油汚れはもちろんステンレス部分がくもったりタイルの目地が黒ずんだり、ほうっておくと手に負えなくなってしまいます。

よごれたと思ったらその瞬間を逃さず水で絞った雑巾で拭いておくようにしましょう。
汚れてすぐが一番楽に落とせます。

目地は古歯ブラシでこすり洗いします。

ガスバーナー

ガスバーナーは吹きこぼれた汁などが付着し、ガスバーナーの熱へ炭化します。
内部に燃えカスや食品のかすが入り込むこともあり、掃除をせずに放置すると目詰まりを起こして完全燃焼や熱効率低下につながってしまいます。
竹串を使ってバーナーの穴に詰まった汚れを時折かき出します。

シンク

シンク周りは料理を作る場所なので綺麗にしておくべきところ。
しかし食品の汚れ油汚れ水垢など様々な汚れがつきやすいのでこまめに掃除をして衛生的にしましょう。

水アカは水道水に含まれるミネラル文が固まったもので 洗剤とスポンジでこするだけではなかなか落ちないものです。
酸性成分の入った専用洗剤を使うのが手っ取り早いです。

シンクの材質にはステンレスやホーローなどがあります。
どちらも使用後に水滴を残さないように拭き取っておくと水アカやカビ発生を防げいつも綺麗に保つことができます。
面倒でも拭き掃除をまめに行うと良いでしょう。

排水口

キッチンの排水口は油などの酸性汚れと、細菌によるヌメリがつきます。
嫌な臭いの原因になりやすい場所です。
悪臭を放つ前に掃除しておきます。

次亜塩素酸ナトリウムと界面活性剤が入った台所用洗剤を使います。

蛇口

常に水しぶきを浴びる蛇口まわりもきちんと掃除したい場所。
部品の境目など細かいところはフルハブラシを生かします。
最後にしっかりと乾拭きするのも大切なポイントです。

重曹で蛇口のステンレスのツヤを取り戻す

洗剤代わりとして便利な重曹は蛇口の掃除にも有効です。
重曹を少し水で湿らせて食事全体にまぶします。
後はスポンジでこすればツヤが戻ってきます。

ステンレスのシンク

個別の洗い方を写真付きで説明していく。
便利な掃除道具をアフィリエイトリンク付きで説明していくのが見やすい。
対象となるターゲットがわかる程度の説明で良い。
クドすぎる説明は逆にむかつく。

キャビネット

ガス台下やシンクの下、吊戸棚などキャビネットには調味料や買い置きの食品類、調理器具などを入れる家庭が多い場所です。
キッチン収納部の外側につく汚れは、調理の油手垢などの酸性驕りとホコリが混ざったもの。

ゴキブリが出やすい場所であり、さらにカビが生えやすい場所でもあるので注意が必要です。

定期的に中を確認してカビが生えている場所があったら綺麗に拭き取り除菌消臭剤をスプレーします。

キャビネットの掃除手順

1 中のものを出す

2 まずは掃除機でゴミやカスを隅々まで綺麗に吸い取る

3 住宅用弱アルカリ性洗剤か重曹水で絞った雑巾で内側を吹き上げます。

床面だけでなく壁面も拭いてきれいに仕上げる。
乾拭きをして湿気を取り除いておく。

4 乾拭きの後にエタノール拭きを
 湿気を抑えるためしっかり乾拭きをして、最後に消毒用エタノールで拭けば完璧です。

ワンポイントの汚れをためないコツ

扉を開けて換気をする
キャビネットの扉をしばらく開けて風を通すと湿った空気が抜けてカビ予防に効果があります。

中から出したものを戻す時は、かごを使い引き出し式にしておくと取り出しやすくなります。

キッチンの床

油汚れや水アカ、食品のカスが飛び散っている床。
放っておくと滑りやすい上、ほこりがこびりつくと厄介です。
食事の後片付けが済んだら雑巾で拭き掃除を。

キッチンマット使っているならキッチンマットをあげてその人も行きましょう。
フローリングの床は水気を残しておくと痛みの原因になりますので忘れずに拭き取りましょう。
キッチンマットの下もふきましょう。

キッチン家電

「使ったら拭く」を習慣にしよう。

たまにしか使わないミキサー、ホットプレート、ジューサーなどはキッチンに置いておくだけでホコリが溜まり油分を含んだ吸着汚れになります。
埃がつかないところに収納するのが良いです。
電子レンジ

電子レンジの中は調理した食べ物のクズや汁ハネなどで汚れやすいもの。
また外側部分も手アカ汚れが溜まっていくので毎日は必要ありませんが時折掃除しておきましょう。

1 中のパーツ類を外し食べ物くずをとる
 ターンテーブルなどの取り外せる部品を外して、落ちているクズをかき出します。

2 耐熱カップに水を入れて2分間加熱
 拭き掃除に入る前に耐熱カップに水を入れて2分ほど温めその夕食で中の汚れを緩めましょう。

3 外したパーツをきれいに水洗い
 カップの水を加熱している間に取り外した部品を中性洗剤とスポンジで丸洗いします。

4 湯気が立ち込めたら緩んだ汚れを拭く
 中の汚れが緩んだら水拭きをします。
落ちない汚れにはアルカリ性洗剤を約20倍に薄めて使います。

5 庫内の全面をふいたら扉ガラスも忘れずに
 扉の裏面のガラスも汚れる場所なので水拭きや洗剤拭きでピカピカにします。
床や壁のしつこい汚れには湿布方が便利です。
薄めた中性洗剤を染み込ませたキッチンペーパーで湿布をします。
1時間ほどで汚れが浮いてきます。

6 外側も開ける部分はもれなく掃除
中の掃除が済んだら外側の拭き掃除を。
落ちにくい汚れには同じくアルカリ性洗剤を使います。

テクニック
ちょっとチンして脱臭

レンジ内に嫌な匂いはある時はレモンの皮を中に置いて1分ほど加熱すると取れます。
魚の生臭さに特に効果がありますので試してみてください。

コーヒーかすも消臭効果があります。30秒ぐらいの加熱すると丁度良いです。

炊飯器

おきっぱなしの炊飯器は、ホコリが溜まる製品です。
蒸気で湿気がついたりフタを開けた時に水滴が落ちたりします。
内釜や中蓋を取り外して洗うついでに固く絞った布で周りを拭きましょう。

冷蔵庫

意外と雑菌が多い冷蔵庫内はカビに注意

冷蔵庫は1日に何度も開け閉めするので手アカがつきがちで汚れています。

冷蔵庫のような低温の場所でも発生するカビの仲間があります。
一般の紙に比べると生育期間が遅いので一週間に一度を目安に庫内のお掃除をすれば心配ありません。
発生する場所は野菜室が多いです。

庫内の取り外せる部品は外して中性洗剤で水洗い

調味料の液だれや食品の屑などで、庫内は意外なほど汚れている。
水洗いと拭き掃除でさっぱりさせよう。

冷蔵庫は時間のある時に大掃除をしてその後はなるべく頻繁にエタノール拭きを。
また中に入れたまま忘れている職員からの汚れも多いので週に一度は在庫整理をしましょう。

1 庫内の食品を出してパーツを取り出す
仕切り版、野菜室冷凍室のトレーなど外せる部品は思い切って外して水洗いした方が汚れ落としがラク。
掃除をする時は冷蔵品の置き場所に困るものだが、クーラーボックスを利用したり、順番をずらしながらやれば良いでしょう。

2 シンクで各パーツをしっかり丸洗い
取り外した店などを中性洗剤とスポンジでこすり洗い液だれなどをもれなく落とします

3 洗剤分を洗い流したら乾拭きで湿気を取る
こすり洗いをした部分を十分にすすぎます。
すすぎ終わったら丁寧に乾拭きをして湿気を完全にとっておきます。

4 庫内の隅々まで拭き掃除
 部品を取り外したこないを50倍に薄めた中性洗剤と雑巾で拭きます。
細かいところや点字を部分も抜かりなく汚れを拭き取ります

5 乾拭きが済んだら消毒用エタノールを
 拭き掃除の仕上げは消毒用エタノール。
きちんと乾拭きした後にエタノール武器で清潔に仕上げます

6 外側の部分も水や洗剤で拭く
 庫内の掃除が終わったら外側部分を水拭き。週1回吹けばいつもきれいです目立つ汚れは洗剤吹きで。

7 汚れやすい場所はピンポイントで
カビが生えやすいドアパッキン。
手垢で汚れを取って周り。
埃が集まる隙間部分は念入りに掃除を。

8 取り外した部品と食品を戻して終了
 全体がピカピカになったら取り外したパーツを元通りに戻して入っていた食品を戻せば完了です。

電気ポット

電気ポットの中につく汚れは水道水に含まれるケイ酸とマグネシウムが結合してカルシウムが吸着されたアルカリ性の汚れです。
アルカリ性汚れなのでクエン酸を使うと落とせる。

電気ポットに水とクエン酸を入れて沸騰させます。
分量は水2 L に対してクエン酸大さじ3杯程度。

沸騰後に3時間放置してからスポンジで洗います。
その後水でよくすすいで終了です。

キッチン小物

調理器具の掃除はそれぞれ使った後にさっと洗うのが鉄則。
衛生的なだけでなくて夏の効果もあるので物自体が長持ちします。
素材ごとの注意点も知っておきましょう。

まな板

使った後は毎回洗ってしっかり乾燥させます。
晴れた日には天日干しで日光消毒をしましょう。