玄関掃除の方法

屋内と外の接点になる玄関は、外との接点なので外から汚れが持ち込まれる場所。

お掃除忘れがちになるところですが大切な「我が家の顔」です。
快くお客様を迎えるためにも家族が気持ちよくているするためにもいつもすっかり綺麗にしておきたいですね。

ちょっとだけのお掃除

一度に一箇所、ワンアクションですっきり片付いた玄関に


玄関は外との接点なので外からホコリなどが入ってきます。
汚れはすぐに取り除くのがポイント。

出かける前や帰宅の際に全体をチェック。

使ったら捨てられるぼろ布でそっと服などワンアクションを起こすだけで見違えるようにすっきりします。
履物や傘はうっかりするとあっという間に散らかります。「見た目の綺麗度 」 がぐんとアップします。

ドアの外側の汚れを拭く

ドアの汚れが気になったら50倍から100倍に薄めたアルカリ性洗剤をつけて好き、水拭き、乾拭きで仕上げます。

木製のドアなど水気を嫌うものは消しゴムで気になる汚れを落とします。

ドアの内側の汚れを拭く

外側に比べて手アカの多い内側のドア。
マイクロファイバークロスで拭きます。
金属製のドアノブをピカピカに光らせておくだけで「見た目綺麗度」がグンとアップするものです。

目立つ場所のほこりを取る

下駄箱の汚れは誇りと泥汚れが大半です。
下駄箱の上やあがり口の上のホコリを拭く。

下駄箱の上は玄関入ったお客様の音が行きやすい場所。出かける前や帰宅の際に下駄箱の前を通ったついでにそっと乾拭きするかナイロン畑をかけてホコリを取り除いておきましょう。

散らかった靴を揃える

出ている靴は整列させる

靴がきちんと整列していると掃除が行き届いている印象を与えます。
脱いだ靴は玄関の隅に揃えておきましょう。
お客様のために照明は開けておくのが基本。
爪に綺麗に並べて置くととっさの時の埃の目隠しにもなります。

靴を下駄箱にしまう

たたきに置く数を決める

狭い玄関に何足も靴が並んでいるとそれだけで散らかっている印象になります。
履いた靴は一晩置いて湿気を取ったら下駄箱へしまいましょう。
ただきに並べる靴の数を家族の人数×1足と決め、それ以上は置かないことをルールにして家族みんなで守りましょう。

ホコリを掃き出す

玄関のたたきの掃除は、掃除機が楽。
掃除機であればゴミやほこりから細かい砂までサッと吸い取れます。
玄関用のノズルを用意するのも良いでしょう。

掃除機を使った後は、吸い取り部分の汚れを拭くのを忘れずに。

家の中でも使う掃除機を玄関に使いたくないという人は、
湿らせた古新聞をちぎってまくことでホコリを立てずに玄関を掃き掃除できます。

時々はしっかりお掃除

タイミング計ってしっかりお掃除。お掃除いらずでキレイをキープ

汚れ具合や場合によっては毎日の掃除が難しいこともあります。
我が家の顔である玄関だけに時間のある時にはしっかりお掃除をしておきたいものです。
お掃除のタイミングは週に一度、月に1度、季節ごとなど。
ドキドキ綺麗にしておくと年末の大掃除が入らなくなります。

下駄箱も整理整頓し風を通す

まず中に入っている靴を、全部表に出します。
掃除をしている間靴を陰干しして湿気を取り除くと良いです。

下駄箱の棚の土や埃を掃除機で吸い取り、固く絞った雑巾で水拭きします。
水拭きだけで落ちない俺は50倍程度に薄めたアルカリ性洗剤を使って拭きます。
水拭きの後には乾拭きをします。
よく風を通して中を完全に乾かします。

完全に中が乾いたらエタノールをひと拭きしてそれから靴を元に戻します。
棚板に新聞紙を敷くとカビ防止に役立ちます。
エタノールを噴霧しておくとカビ、臭い防止効果があります。

たたきを水拭きする

たたきは玄関の土間部分のことです。
室内の埃だけでなく、外からの泥や砂汚れも溜まります。

湿らせた古新聞をちぎってまき、外ぼうきで掃きます。
洗い流せる叩きなら水を撒きほうきで目地も丁寧に洗います。
洗い流せないたたきなら水拭きします。

目地の頑固な汚れは歯ブラシを使って落とします。

洗い流せるただけは水を流します。
長瀬ないただきなら乾拭きします。

その後換気をよくして十分に乾かします。

表札の掃除

表札は全体を乾拭きします。
文字が振り込んである場合は埃が溜まりやすいので指先で細かく聞きます。
細かい部分は歯ブラシを使って落とします。

インターホンの掃除

我が家へのお客さんがまず目にするのがインターホンと表札。
それらが綺麗に掃除されていたら来たお客さんに好印象を与えることができます。
ボタン周りなど細かい部分の汚れはフル歯ブラシでこすり落とします。

エントランスマットを洗う

外房きでこびりついた泥や土を落としよく水洗いします。
軽い汚れだけなら水洗いだけで OK 。

頑固な汚れは台所用洗剤をつけたたわしでこすり洗いします。

水でよく洗剤文を洗い流し風通しの良い所に干して十分に乾かします。

ニオイ対策

臭い靴のニオイ対策に、重曹の粉を容器に入れて下駄箱の中に置くと脱臭剤代わりにもなります。

玄関収納のコツ

いらないものは処分して下駄箱を有効活用

玄関でほぼ唯一の収納スペースである下駄箱を利用して賢く収納しましょう。
下駄箱に入れるものは靴だけとは限りません。時には発想の転換も必要です。

いつのまにか溜まってしまうビニールガスなどいらないものを引っ張り処分し出来るだけ物を少なくして広々としたすっきり空間を目指したいですね。

下駄箱の上を整頓

下駄箱の棚板下に差し込み式ラックで高さを有効活用

駄箱の穴空いたしたが空いているけれど棚板の位置が調節できない。
または子供用の靴を収納していて一部分だけ棚板下に空きスペースができている・・・。
ただでさえ下駄箱は収納力が不足しがちだから隙間を有効活用したい。

それなら食器棚用の差込式ラックを利用すると良い。
差し込み式ラックは棚板にかけて使うタイプのラック。
サイズは幅30 CM から奥行20 CM 高さ11 CM 前後の製品が一般的です。
折りたたみ傘や子供の靴などの収納に活用できます。

下駄箱の扉裏

ポリ袋をかけて靴を拭くぼろ布を収納
 玄関に使い捨てできるぼろ布を用意しておくと、雨に濡れた靴や汚れた靴を素早くふけて便利。しかし下駄箱にはとても置き場はない。開き戸式の下駄箱なら扉裏が収納に使えます。
粘着式のフックを取り付けてポリ袋を吊り下げ適度のサイズに切ったぼろ布を入れておこう。
反対側の扉裏が空いていたらそこもポリ袋設置して、出がけに見つけた玄関先のごみ不要なダイレクトメールなどのゴミ入れに使うと便利。

下駄箱の中を見やすく

今必要な靴だけを収納する

靴が下駄箱に入りきらない時は不要な履物きっぱり処分しましょう。
ビーチサンダル、ブーツなど季節もののめったにはかないものは、別の場所に収納しましょう。

履く人ごとにまとめて収納

げた箱の中の履物は種類でなく吐く人ごとにまとめて収納すると使い勝手は良く便利です。
大人が履く靴は取り出しやすいように 上の段を定位置にします。

中身を把握できるように工夫する

靴を箱に入れたまま下駄箱に収納する時は箱の中に誰のどの靴が入っているかが一目でわかるように箱の蓋を開けなくてもメール1に普通の写真を貼ったりラベルを貼ったりします。
保有している靴を忘れてすっかり履かなくなってしまうということを防げます。