風呂の掃除

浴室の汚れは石鹸カスと体の分泌物が結合した汚れがほとんどです。
浴槽屋手桶につく石鹸カスは汚れに水中のマグネシウムやカルシウムが結合してできたもので、乾いて固まってしまうとなかなか落ちません。

入浴後暖かいうちに洗うと落ちやすいです。

さらに浴室内にはカビの繁殖に必要な「温度湿度、栄養分」が揃っています。
注意して掃除をてカビ予防をしましょう。

シャワーヘッド

シャワーのホースがヘッドにつく汚れは水垢や石鹸カスの汚れです
シャワーヘッドの付け根部分を回してヘッドを外します。

中性洗剤で掃除するのが良いです。
洗い方を工夫すると効果は高まります。
シャワーヘッドは水1 L にクエン酸大さじ2杯を入れたバケツに1時間ほどつけ置きします。
漬け置きすることでシャワーと水が出る小さな穴の中の汚れまで落とせます。

シャワーのホースに黒ずみは重曹かクリームクレンザーでこすり洗いをします。
研磨効果が高いためです。

排水溝

髪の毛や皮脂石鹸カスなどの複合汚れに加えて、カビやヌメリまで発生する排水溝。
これらをまとめて綺麗にするには浴室用中性洗剤で漬け置きがおすすめです。

手順は排水口カバーを外してカバーや排水溝周りについた髪の毛やゴミを取ります。
ジップロックなどファスナー付きの透明の袋に水と浴室用中性洗剤を入れ30分程度つけ置きします。

月に1度はパイプ用洗剤でパイプの中のぬめりを取ります。

浴槽

1 浴槽に浴室用洗剤をスプレーしスポンジでこすって湯垢を落とします。
浴槽の中に入って均等に力を入れることができるので作業が楽です。

2 シャワーで洗剤液をきれいに洗い流します。

3 乾いた布で水分を拭き取ります。
窓を開けたり換気扇を回すなどして浴室内を乾燥させてカビ防止をします。

タイル壁

浴室用洗剤を含ませたスポンジで全体をこすり洗いします。
その後水で洗剤液を洗い流し乾いた布で水分を拭き取ります。

浴室は汚れが下の方にほとんど集中しています。

タイルの目地が黒ずんでいたら、クレンザーをつけた歯ブラシでこすり洗いをします。

浴室のドア

浴室用洗剤を付けたスポンジでこすり洗いをします。
内側外側ともに洗いましょう。

浴室の窓

浴室の窓の曇りは水垢が原因です。浴室用洗剤を含ませたスポンジで窓全体をこすり洗いします。細かい部分は歯ブラシを使います。

タイル壁

浴室用洗剤を含ませたスポンジで全体をこすり洗いします。
その後水で洗剤液を洗い流し乾いた布で水分を拭き取ります。

浴室は汚れが下の方にほとんど集中しています。

タイルの目地が黒ずんでいたら、クレンザーをつけた歯ブラシでこすり洗いをします。

換気扇

1 換気扇のカバーを外しぬるま湯でちょっと汚れを洗い流してから、浴室用洗剤をつけたスポンジでこすり洗いをします。
細い溝の部分は歯ブラシで掃除します。

2 水で洗い流し乾拭きしてから元に戻します。

浴室の鏡

ウロコ汚れは水垢が原因です。
液体クレンザーを含ませたスポンジでこすり洗いして水で洗い流します。
乾いた布で水分を拭き取った後に、シェービングクリームを表面に塗ると曇り止め効果があります。

洗面器

洗面器にも石鹸カス汚れがついています。
特に裏面は汚れています。

天井

1  浴槽用洗剤をブラシにつけ天井をこすり洗いします。
プラスから洗剤液が垂れない程度に水気を切りましょう。

2 シャワーで天井を洗い流します。

3 乾いたタオルや布で水分を拭き取ります。

浴室の床

浴室用洗剤を床全体にかけブラシでこすり洗いします。
特に目地部分には汚れがつきやすいので入念に。