物を減らすために必ずやるべき5つの方法 |後悔しない捨て方のコツ
苦手なひと苦手なひと

ものを捨てることが苦手で、部屋に物がたまる一方だ

苦手なひと苦手なひと

片付けてもすぐに部屋が散らかる・・・もう、片付けにうんざりだ

生活していると欲しい物ができたり、人から物をもらったりします。
意識的に物を減らす努力をしないと物が
増えていくものです。

不必要な物を捨てて本当に必要なものに囲まれて生活したいものです。

またものが多い生活を続けてしまうと
いざ片付けようと思っても、
部屋の中がごちゃごちゃしていて、
どこから手をつけていいか分からないものです。

何からやっていいかわからない時は
基本的な減らす方法から始めると効果的です。

効率的に減らせる5つの方法をご紹介します。

本記事の内容を実行することで
部屋から物が減りシンプルで快適な生活が送れます。

物を減らすために必ずやるべき5つの方法

5ステップです。
ではいきましょう。

どんな部屋にしたいかイメージを作る

「物を減らすために家中を一気に片付けるぞ」
と一念発起していきなり片付けを始めると
片付け途中で息切れしてしまい、
全体をきれいにする前に挫折してしまいます。

そうならない為に、
物を減らす全体的な計画から始めます。
理想の部屋をイメージしましょう。

頭の中で考えるだけでなく、
ノートと鉛筆を使い、
絵に描いたり文字にすると考えがまとまり、
「どうしたいか」
が明確になるのでオススメです。

自分の理想の部屋が明確になれば、理想像に近づけるという目標に向かって、物を減らす作業を始められます。


どうしても理想像が自分の絵や言葉で表せない場合は、
インターネットで検索した素敵な部屋や雑誌の切り抜きをお手本としても良いでしょう。

人は目的があると行動を起こしやすくなります。
例えば、ランニング。
長い距離であってもゴール地点が分かっていると意外と走れるものです。
逆にゴール地点がなく「ただ走れ」と言われると、
いつ終わるのかわからなく苦しいものです。

また理想の部屋を文章化することで、
頭の中で考えていることが整理され、
物を減らす「目的」が明確になります。

自分の中で減らす目的が腑に落ちていないと、
一度物を減らした後にリバウンドする可能性が高くなります。

忙しかったりストレスを抱えたときに、片付けをサボってしまうことも人間ですからあるでしょう。
目的がはっきりしていないと、なにか不測のことがおきると
途端に面倒くさくなり、
「捨てない生活」に戻ってしまいます。

そうならないためにも自分自身の理想の部屋をイメージして
「理想の部屋の中で生活するためにも不要な物を持たないようにしよう」
とため込まないように意識しましょう。

家の中のいるものと、いらないものを分ける

おそらく今部屋の中には、
「いるもの」と「いらないもの」
が入り混じっているはずです。

いるものはそのまま大切に使ってくださいね。
物を減らすために、いらないものを省きたいのです。

そのためにまず、選別します。

いるもの、いらないものを選別していくときに、
物を減らすのが苦手な人は捨てる決断をあまりしません。

「まだ使える」「後で使うかもしれない」
「もらった物だし捨てたらダメ」
と色々な理由を持ち出して捨てません。

しかし捨てなければものは減りませんね。

何でもかんでも必要に思えて
一向に捨てる物が決めれない場合は
次のような自問をしてみてください。

大事に手入れしているか

定期的に埃や汚れを落としたりとメンテナンスしていますか?

手入れしているなら存在を忘れていなく愛着を感じている証拠です。

逆にずっとしまいっぱなしだったなら、手放すサインかもしれません。

持っていて心がときめくか

それが古くてもボロボロでも自分にとって心ときめく物があります。
逆に有名メーカーの商品であっても、
すでに自分にとっての魅力を失ってしまった物もあります。

「ワクワクする」「いい気持ちになる」
そんな商品は大切にしてください。


そうではないものに関しては、今のあなたにとって縁がない物なのかもしれません。

代わりとなるものは持っていないか

家の中を整理してみると、案外似たような商品が複数あるものです。
複数あれば当然、家の中にものは増えていきます。
代わりがきくものであれば、重複する物は処分するチャンスです。

写真を撮って客観的に見てみる

物を減らしていき
「これ以上はもう物を減らせない」
と思うところまできました。

この段階からもう一段回減らす時に
スマホで写真を撮って、
画面越しに自分の部屋を見てみましょう。

自分の目ではスッキリ見えていたのに、ディスプレイ越しに見ると、雑然と見えたりします。
写真を撮ってみることで、なぜか急に客観的に自分の部屋を見ることができます。
最後のひと仕上げに使うのもよいです。

減らした実感を感じやすい大きなものからやる

大きなものから順に捨て、減らします。

理由は大きいので減らした後の実感が大きいからです。

悪い例として、引き出しの中の、細々とした文房具や雑貨を
減らすことから始めてしまうこと。

一日かけて小物類を減らしても、家全体で見ると何も変わってなかったりします。

小物類の整理から始めてしまうと、時間と手間がかかった割に物が減った実感が得られません。
そうすると物を減らすこと自体が嫌になって挫折してしまいます。

大きいものから減らすことで、部屋全体が一気にスッキリします。
それが達成感となり「また、つづきもがんばろう」
と次の意欲に繋がります。

とりあえずでもいいから、ゴミ袋に入れる

物理的に行動として、ゴミ袋に入れていきます。

実際に体や手を使って行動すると、不思議と調子が出てきます。

「これは本当に捨てて良いのかな」
とあれこれ悶々と考えてもなかなか明確な決断はでません。
いつまでだって悩んでいたりします。

一方、行動してゴミ袋のなかに入れてしまうと、
いい意味で、どうでも良く感じられます。
「まあこのまま捨てても別にいいや」
と言う気持ちになるものです。

どんどん捨てて行って片付けを先に進めましょう。

一通り掃除が終わった後に、最後にゴミ袋の中を見ても良い

ほとんどの場合いったんゴミ袋に入れてしまえば、
戻そうという気にはならずそのまま捨ててしまいます。

もしゴミ袋に入れてみたものの、
「どうしても捨てたくない」気持ちになればゴミ袋から出しましょう。

最後は拾うことができると防波堤を用意しておけば、
思い切ってゴミ袋にどんどん入れることができる
ようになります。

捨てる以外の方法を使えるか試す

捨てるのはもったいないと捨てられない人は、
捨てる以外の方法をつかって物を減らしましょう。

最近ではフリマアプリなどいろいろなスマホサービスが出ています。

たとえば

ネットで誰かに売る
メルカリ
ヤフーオークション

ネットで誰かにあげる
ジモティー

友人にあげる

店に売る
・買取店で売る
・リサイクルショップに持っていく

・フリーマーケット
・自宅の前に置いて、ご自由持って行ってくださいと書いておく
・慈善団体に寄付

メルカリはヤフーオークションは、商品に一定の価値があれば意外と買ってくれる人はいます。

ネットで検索してメルカリで高く売る方法を研究して、
お小遣い稼ぎするのも楽しいです。
自分にとっていらないものが誰かに使われる上に、お金まで手に入るのですから良いことづくめです。

買取店は二束三文にしかならないので捨てるよりはマシ程度のものです。

意外とお金の面で考えるとコスパが良いのが友達にあげるです。
ただであげるだけなので1円も入ってこないのですが、友達の場合は後でお返しという形でいろんなものがもらえたりすることが経験上多いです。

後悔しない捨て方のコツ

捨てることが目的ではなく、
「捨てることで快適な生活を送る」
ことが目的なはず。

捨てたことで後でとても後悔したのでは本末転倒です。

また捨てたことを強く後悔することが続くと、
物を減らすことに嫌な印象ばかりついてしまいます。

不要なものを捨てて快適な片付いた部屋を手に入れていただきたいです。
そのためにも、捨てて後悔する経験は少なくしたいものです。

写真を撮っておく

捨てて物がなくなったとしても、
写真があれば記憶を思い出すことができます。
デジタル写真で残しておけば、紙のかさばりもなくどれだけ多い量であってもスマホやパソコンから瞬時に思い出の写真を見ることができます。

二度と手に入らないものを捨てるときは慎重に

思い出の贈り物や色紙などはお金を出しても二度と同じものは手に入らないです。
このようなものは捨てる時に慎重になりましょう。

一定期間、捨てた予行をしてみる

本当にゴミ置き場にゴミ袋を捨てる前に、
自分の家の中で普段置いてある場所から撤去して、そのものがなくても寂しい気持ちにならないかをチェックしてみます。

まとめ

大きなものからまず減らし始めてみましょう。

捨てられないとおもっていたけど、
「意外と捨てても大丈夫なんだ」
と自信ともいえる経験が得られます。

不必要な物が家にないと片付けが本当に楽になります。

本記事がお役に立てたなら幸いです。