そうじをすると得するしくみを作る| 子どもにおこづいや欲しい物を買ってあげる

子供をそうじに
協力してもらうために、
そうじをする動機を
つくります。

人は自分が得すると
感じれば行動します。

理想的にはそうじを
することで得られる集中力など
のために、行動できたら
最高です。

しかし、子供には
集中力が上がるからそうじをする、
なんて理解できない考えです。

そうじの価値を理解できなくても、
そうじをすることで
即物的なメリットが
あればやるものです。

子供であれば、
お小遣いをあげる、
一定期間掃除ができたら
とても欲しがっていたものを
買ってあげるなどです。

最初はご褒美目当てで
そうじをしていても、
日々行っているうちに
そうじそのもののメリットを
自分で感じるようになります。
そうじをして、きれいな状態に
するのが習慣になれば、
即物的なご褒美がなくなっても
そうじが当たり前に
できるようになっています。