【片付けられないときは】いらないもの1日1個捨てる。一ヶ月で30個のものが減らせる

「部屋中に物が散乱していて、
どこから片付けをスタートしたら良いかわからない」
こんな状態から抜け出す第一歩は、
いらないものを捨てることです。

「それが出来ないから、 部屋中が散らかってしまったんだ」
と反論がありそうです。
捨てたら良いのに、
捨てられないから物が
どんどん溜まっていったわけですからね。


ではどうやったら少しでも楽に捨てられるか?



いらないものを
「一日一個」捨てること
から始めてみましょう。

家中のどんなものでもいいです。


何か不要なものを捨てようという観点で、
家の中を見渡すと意外なほど
いらないものが見えてきます。

机の引き出しを開ければ、
商品の空き箱、 一度も見た時のない取扱説明書 。



子供部屋には、ここ1年間一度も
遊んでいるのを見た時のないおもちゃ、
数年前の教科書やドリル。


タンスの中には、
誰かにあげるかもしれないととってある服、



いつか使うかもしれないと言う、
極めて可能性の低い捨てるのを
先送りしている物がありまうす。

このような捨てそびれているもの、
一日一個でいいから捨てていきましょう。



一週間で7個。
一か月で30個。


最初は一日一個でも、
捨てていくうちに
「調子」が出てくるもの。

「これもいらないな」と
今まで捨てるのを
躊躇していたものでも
勢いが出てきて捨てられます。



動き出すまでが大変ですが、
一度動いてしまうと
次から次に行動できるものです。

だからこそ最初の一歩は
小さくてもいいから確実に何か捨てましょう。