【片付けの前に減らす】あって当然の思い込みをなくすと物がへって掃除が楽になる

玄関マット、トイレマットにキッチンの三角コーナー・・・
「これらは家には必ずあるものだ」と
先入観を持っていませんか?

あって当然の思い込みをなくす

あるのが当然だと思っているけれども、
実はなくても問題なかった、
というものは家の中に結構あるものです。

なくても大丈夫ということは、
無くせば物が減り
部屋がすっきりするということです。

玄関マット

玄関マットで足を拭くことはありません。
衝撃を吸収するようなことも滅多にないですよね。

インテリア上どうしても外せない場合をのぞき、
なくても問題ありません。
布製品は、埃の発生源です。
特に玄関マットは、
外に近い場所なので埃をためやすいです。

三角コーナー

生ゴミを三角コーナーに
集める必要性はありません。

排水溝にも水が抜けるプラスチックの
ゴミ受けが付いています。

それで代用ができます。
キッチンのシンクは広いスペースが
あればあるほど作業がしやすいです。


三角コーナーは 裏のスペースを取ってしまいます。
三角コーナーがあるということで、三角コーナーの掃除が必要になります。
なければ掃除をする必要がありません。

トイレマット

トイレを使う時にはスリッパを履けば足が汚れません。
それであればトイレマットの必要は減ります。

さらにげっそりする話ですが、
トイレのマットには、
飛び散った尿が吸い取られています。

頻繁にトイレマットを
洗濯するのであればまだしも、
何日も交換しないのであれば
日々飛び散った尿を吸い取ったマットを
使い続けているわけです。

スリッパを履く習慣がおすすめです。

ローテーブル

見た目はオシャレですが、
それほど使う場面が多くないはず。

使う場面が多くない割には、絶えずリビングの良い場所を占領していて邪魔。

ローテーブルの高さはちょうど膝下で、掃除の時や移動する時に膝やすねをぶつける。
掃除機をかける時には避けなくてはいけない。


必ずしも必要なものではないはず。
どうしても使いたい場合には折りたたみ式のものが良い。

まとめ

家の中にあるものを
ゼロベース思考で、一つ一つ直してみよう。

「これって別になくても大丈夫じゃない」
と感じたものは
思い切って処分しちゃいましょう。

家の中のものが減って片付けや掃除も楽になります。