部屋の物を減らすコツ 適量を見極める質問「大事に手入れできているか」

大事に手入れできているか

部屋の物を減らしたいけど
踏ん切りがつかずいつも捨てられない

こんなときには自分に

「これを大事に手入れできているか」
と問いかけよう。

この答えが「NO」なら物を減らすサインだ。

この記事を読むことで、
物を捨てる時、心のハードルが軽くなります。

まず、捨てるにあたって前提として

・ものの適量は人それぞれ。

人から見れば、シンプリストに見えても、本人からすれば余計なものにかこまれていると
感じている人もいます。

やることとしては
自分がときめく、理想の部屋にあるものに厳選します。
すると必ず部屋は片付きます。

残す、残さないの判断基準は、あくまで「心ときめくもの」だけ。

はじめの工程は、
何を捨てるか、を考えるより、
何に囲まれて暮らすかを決めましょう。

ときめく以外のポイントして、

「日頃使っていて、心地いいかどうか」
例えば、物が見つからないことが多い、物が取り出しづらい、と
感じることが多いのであれば、
おりょう減らしなさい、サインかも。

また、
また長年使っていないもの、手入れをせず放置したままのものが多いと感じるなら、所有量のキャパシティを超えているのかもしれません。

「大事に手入れできているか」自問しよう。
今の自分にとって、ときめく、ときめかない
が判断できるようになります。

ときめかないものは物を減らすチャンス。
物に感謝をして捨てましょう。

適量を見直すサイン

  • 探し物が多い
  • 物が取りにくい
  • 使い切れていないものがある
  • 手入れしきれないものがある

理想の暮らしでいきいきしているものだけを残して

残しておくものは理想の生活に必要なときめくものだけ。
大事に手入れしたり日常的に使ったりできるものだけを残します。
探し物が多くどこに何があるか分からないものが牛乳に押し込められていて取り出しにくい。

こんな症状があるときには物の適量を超えるというのかも。