代表的な洗剤の4種類 【掃除のコツ 洗剤を知ろう】

代表的な洗剤の4種類

お店に陳列されている掃除用洗剤は、
用途別に「風呂場用」「キッチン用」などと掃除をする場所毎に細かくわけられています。

洗剤の種類別にもっと大きく分類すると「合成洗剤」「クレンザー」「漂白剤」「洗浄剤」4つに分けられます。

それぞれの洗剤の特徴が分かれば、
わざわざ色々な洗剤を揃えなくても、
実は代用できるのです。

洗剤の種類と 性質を知って、
自分の家の汚れにはどの洗剤が必要かを判断しましょう。

洗浄剤

酸やアルカリの化学反応で汚れを落とす洗剤です。
排水パイプ用や油汚れ、カビ取り用などがあります。

洗浄力が強いのでしつこい汚れがつきやすい場所で使われます。

花王のワイドマジックリン

ライオンのルック濃厚パイプマン

などが該当します。

漂白剤

化学反応を利用してシミや汚れの色素を分解して汚れを落とします。
家庭用の漂白剤は、
マイルドな酸素系と漂白力の強い塩素系とがあります。

塩素系の漂白剤の注意点は、酸性の洗剤やクエン酸、酢といった「酸」を含むものと混ぜないことです。

よく「まぜるな危険」という文字を見かけると思いますかあの事です。

塩素と酸が混ざると、「塩素ガス」という有害ガスが出るからです。
解決策は混ぜずに、それぞれ単独で使うことです。

酸素系漂白剤

キッチンハイター粉末酸素系

塩素系漂白剤

キッチンキレイキレイ除菌&漂白

合成洗剤

原料は、石油やパーユ油などから作られます。
界面活性剤の働きで汚れを落とします
販売されている洗剤でもっとも一般的な洗剤です。

かんたんマイペット

クレンザー

界面活性剤と研磨剤を合わせたもので、
こびりついた汚れをしっかり落とします。

研磨剤と言われたりもします。
クリーム状と粉状の2タイプがあります。