汚れのメカニズム~そもそも部屋の汚れはどのようにして発生するのか?原因を知ることで効率的に掃除できる

生活の中で家が汚れるのは当たり前のことですが、
具体的に「汚れる」とは
どういうことなのでしょうか?

汚れの正体と適した掃除方法
知っておきましょう。

STEP1 空気中にふわふわと漂っているチリとホコリの段階

見えないチリとさまざまなホコリ

空気中には大量のチリやホコリが
ぷかぷかふわふわ漂っています。

人間の目では見えないものがほとんどです。
衣類の綿ほこり、砂ほこり、花粉やダニの死骸、
カビの胞子など様々。

どのように掃除する?

このステップ1の段階であれば漂っているだけですので、
こまめに窓を開けて風通しを良くして換気でホコリを外に逃がしましょう。

さらに空気清浄機を使って、
換気だけでは除去できなかったホコリを吸い取ります。

STEP2 室内のあちこちに着地している段階

空気が動いていない静かな場所に埃が着地中

空気中のチリやホコリは少しずつ降りて
色々な場所に着地します。

ホコリがたまりやすい場所は、
普段使わない場所で空気が動かない場所。
ダンスの上や家電の裏側、カーテンレールの上などに溜まりやすいです。

どのように掃除する?

このステップにの段階の掃除は
ナイロンはたきや掃除機を使ってホコリを吸い取ります。

この段階であればうっすらと積もっているだけなので
簡単に取ることができます。

STEP3 積もったホコリと水分が結合して固くなる段階

ふわふわだった埃がしばらく経つとくっつき始めます

すぐに掃除すれば簡単に取れるホコリやチリも、
しばらく経つと水分や脂分と結合したり、気温が上がることで性質に影響がおこります。
こうなってしまうとナイロンはたきや掃除機だけでは取れない状態です。

どのように掃除する?

この段階の掃除は、
水拭きや洗剤をつけて拭くことが必要です。

STEP4 頑固な汚れになってしまう段階

しつこい汚れに変身

さらに何ヶ月も放っておくと、水拭きや洗剤武器では
落ちない頑固な汚れ
になってしまいます。

ものによっては表面だけでなく、内部にまで汚れが浸透しているものもあります。

特殊な専用洗剤が必要になったり。場所によってはプロの力を借りたり、と面倒なことが増えてくる段階です。

どのように掃除する?

この段階の掃除は、専用の掃除用品を必要としたりします。
お金も手間もかかってしまいます(-_-;)

まとめ

汚れの大半はホコリとチリから生まれています。
そしてホコリの段階であれば換気や軽い掃除機かけで十分

水分や油分を含んで汚れが固着すると、ホコリが固まりだして急に掃除が大変になってしまう。

こまめな掃除が結局一番です。