物を減らすための5ステップ |後悔せずに捨てて身軽になろう!

時短・片付け
この記事は約6分で読めます。

物を捨てるのが苦手。いつのまにか部屋に物がたまっている….

片付けてもすぐに部屋が散らかる….もう、片付けにうんざりだ….

生活していれば欲しい物を買ったり人から物をもらうことはよくあることです。
意識的に捨てないと物は増える一方です。

スッキリ片付いた住まいのためには、いらない物を捨てるのがポイントです。

片付けが苦手な人は、いざ捨てようとすると

  • もったいなくて捨てられない
  • どこから捨てれば良いか分からない

と捨てられません。

ということで本記事では
「物を減らす(捨てる)5つのステップ(手順)
をまとめました。

本記事の内容を実行することで、
物を一気にへらすことができます。
シンプルで快適な住まいになります。

Step1:理想の物の量を決める

どれくらいの物の量が理想なのか決めましょう
まずはゴールの設定です。

ワンポイント

ノートとペンで理想を書き出します。
★頭の中で考えるだけだと考えがまとまりません。

箇条書きや絵をつかうのがオススメ

  • リビングはこれくらい
  • キッチンはこれくらい
  • 玄関はこれくらい

理想や希望を書いているうちに
「今の家をどう変えていきたいか」
が整理されます。

理想の家をイメージできない時は、ネットや雑誌でいいなと思う部屋を見本にしましょう。

客観的に住まいを見る】

住まいをスマホカメラで撮影して画面越しに見ると、思わぬ気づきがあります。
客観的に自分の住まいを見ることができます。

Step1では、どれくらいの物の量の家にするかイメージを固めましょう。
目的地がなければ、どこまで減らしていいかわかりません。

Step2:「いる物」と「いらない物」を分ける

住まいには「いる物」と「いらない物」が混在しています。

理想の住まいのために不要な物を捨てます。
捨てるためにはまず「いる物」と「いらない物」とを選別します。
捨てるのが苦手な人は「捨てる」と決断できません。例えば次のように。

  • 使ってないけど、まだ使えるからとっておこう
  • もしかしたら、あとで使うかもしれない
  • もらった物だから、捨てたら悪い気がする

使っていないのであれば今の自分に不要なものです。
捨てましょう。
「もしかしたら後で使うかもしれない」と言い出したら何も捨てられなくなります。
全てのものが「もしかしたら」に当てはまるからです。

そんなこと言ったって….本当に『捨ててはいけない』と感じるんだよ。

そんなひとは次の問いかけを自分にしてください。

自問:日頃から大事に手入れしているかい?

日常的に汚れを落としたり、気にかけていますか?
ホコリをかぶったままで存在すら忘れていませんでしたか。

自問:それがあると心がときめく?

人から見ればガラクタでも本人は心ときめく物があります。その逆に有名ブランド品でも魅力を感じない物もありますよね。

捨てるかどうかの判断は「ワクワクするか」「いい気持ちになるか」。
そうならないのであれば、今のあなたにとって縁がない物なのでしょう。

自問:家の中に代用できる物はないか?

家の中に同じ機能を果たすものが複数ないですか? どれか一つあれば事足りるのであれば処分するチャンスです。

Step3:大きい物から捨てる

大きな物から順に捨てます。
物理的に大きいため捨てた実感が大きいです。
部屋の印象が一気に変わります。

大きな物から捨てると達成感があるよ。『他にも何か捨ててみようかな』という気持ちになれるよ。

逆におすすめできないのは、コマゴマとした小物類を減らすこと。

小物類の片付けは労力のわりに物がへった実感がえられません。
1~2時間かけても片付けが終わったのは
「机の引き出しの中だけ」なんてことも珍しくありません。

一日かけて小物類を捨てても家全体で見るとほとんど変わっていません。

達成感を得られないと捨てる作業が嫌になり挫折してしまいます。
モチベーションの為にも「大きな物」から捨てましょう。

Step4:とりあえずゴミ袋に入れちゃう

捨てるか迷う時にはとりあえずゴミ袋に入れてしまいます。
物理的に、肉体的に行動するのが1番。

「これは本当に捨てて大丈夫かな」
とあれこれ考えても決断できません。

考えるのをやめて、ゴミ袋に入れてしまいましょう。
「まあこのまま捨てても別にいいや」と一気に執着心がうすれます

とりあえず迷った時にはどんどんゴミ袋に入れて行きます。

作業後にゴミ袋の中から戻すのもあり

ほとんどの場合いったんゴミ袋に入れてさえしまえば、そのまま捨ててしまいます。
もしゴミ袋に入れてみたものの「どうしても捨てたくない」ならゴミ袋から戻しましょう。

防波堤を用意しておくことでゴミ袋に入れられます。

Step5:捨てる以外の方法を使えるか試す

どうしても捨てたくない人は「捨てる以外の方法」をつかって物を減らしましょう。
ネットもリアルもいろんな方法があります。
たとえば、

ネットで誰かに売る

ネットで誰かにあげる

リアルで店に売る

  • 買取店で売る
  • リサイクルショップに持っていく

その他

  • 友人、近所の人にあげる
  • フリーマーケットで売る
  • 自宅の前に置いて、道ゆく人にゆずる
  • 慈善団体に寄付

メルカリ、ヤフーオークションは、商品に一定の価値があればカンタンに売りさばけます。
メルカリでおこづかい稼ぎするのは実益があって楽しいです。
欲しい人に使われる上にお金まで手に入りダブルでGOODです。


買取店は二束三文にしかならならず「捨てるよりはマシ程度」です。

売れないことには物が減りません。高く売ろうと相場より高めに出品するのはよくありません。いつまでも家の中に出品物が残るからです。相場より2割安く出品するとあっという間に売れますよ。

打算的ですがお金の面で考えるとコスパが良いのが「友達にあげる」
「お返しはいらないからね」
と言ってもいろんなお返しをもらうことが経験上多いです。

「捨てなきゃよかった…」後悔しない2つの捨て方

生活が快適になり心が軽やかになるのが捨てる醍醐味。

捨てたことで大後悔して落ち込んでしまっては本末転倒です。
後悔せずに物を捨てるコツは下記をご参考に。

後悔しない捨て方①:写真に残しておく

捨てて物がなくなっても写真があれば記憶を思い出すことができます。
デジタル写真で残しておけば紙のかさばりがなく家がスッキリします。また何万枚であってもスマホやパソコンから瞬時に思い出の写真を見ることができます。
Googleフォトが便利です。

後悔しない捨て方②:一定期間、捨てた予行をする

実際にごみ袋をごみステーションに出す前に「模擬の捨てる行動」をします。

自分の家の普段置いてある場所から一旦撤去します。
なくても寂しい気持ちにならないかをチェックしてみます。

まとめ

今回は
「物を減らすための5ステップ |後悔せずに捨てて身軽になろう! 」
というタイトルで
「捨てる手順とコツ」
についてご紹介しました。

物を捨てるためにはまず今の住まいの物の量からどれだけ物を減らすかをイメージしましょう。

「物が多いから減らしたい」と言いつつ、具体的にへらす量を決めないのは NG です。
目指す目的地(理想の住まい)が決まれば今の自分にとって「いらない物」の判断がつきます。

ほかには、
・「いる」、「いらない」を決める
・すぐに効果を感じる大きなものから処分!
・迷ったらとりあえずゴミ袋に入れる!
・どうしても捨てるのは嫌なら売るか人にあげる!

捨てなければ日々ものが増えていく一方です。

物を減らせば、片付けがラクになります。また散らかりづらくなります。

本記事の手順にしたがえば物をへらせます。

シンプルで快適な住まいを手に入れてください!

コメント ブログ運営の励みになります。コメントもらえるとうれしいです(^o^)

タイトルとURLをコピーしました