3つ以上は注意|片付けが下手な人に共通する【9つ】の特徴|克服すれば「片付け上手」

3つ以上はヤバイかも?片付けが下手な人に共通する9つの特徴?苦手・疲れる
この記事は約6分で読めます。

同じような部屋で
同じような持ち物なのに

「いつもスッキリ。片付け上手な人」もいれば
「ゴチャゴチャ。片付け下手な人」もいます。

どんな属性の集団でも見事に
片付けが上手な人
片付けが下手な人
とに分かれます。

集団属性:

  • クラスメイト
  • バイト先
  • 職場
  • 家族

全員が上手なことはないですし、
反対に、全員が下手なこともないです。

この片付けの「上手・下手のちがい」は
何なのでしょうか?

  • 性格?
  • 考え方?
  • 育った家の習慣?

片付けが下手である原因はさまざまです。
しかし片付けが下手な人には共通点があります。

片付けの下手な人に共通する特徴を9つにまとめました。

「人の振り見て我が振り直せ」という昔からのことわざにならい、
まずは自分の良くない点(片付けが下手な人の特徴を持っていないか)
を知りましょう。

「自分は片付けができている。だから問題ないよ!」

そんな片付けに自信がある人でも9つ中3つ当てはまれば
「片付け下手さん」の傾向をもっています。
ひかえめに言っても改善の余地があります。
改善すれば もっと快適な家が手に入ります。

片付けが下手な人に共通する9つの特徴

特徴①:モノの量が多すぎる

片付けるモノが多ければそれだけ片付けがタイヘンになります。

定期的に断捨離をしてモノをへらしましょう。

モノをへらすと同時に、不要なモノは入手してはいけません。
片付けが下手な人は、必要のないモノまで家の中に持ち込みます。

たとえば、

  • (使うあてもないのに)無料だからとサンプル品をもらう
  • (加入するつもりもないのに)パンフレットをもらう
  • (パーティーは滅多にやらないのに)お皿やフォークが引き出しにたくさん入っている
  • 10年間で一度も着ていない服をとってある

もらってしまうから、捨てる作業が発生します。

自分からいらないモノをもらっておいて、
「片付けが大変だ」と言っているのはおかしなコト。

そもそも「もらわない」「買わない」が正解です。

特徴② もったいない病

「もったいない病」は片付けが下手な人の特徴です。

当てはまりますか?

  • もらったものは「捨てたら悪い気がする」といい捨てない
  • (思い出がなくても)記念品は「思い出がつまっているから」と言って捨てない

「もったいない」と言って、捨てなかったらモノがたまる一方。
片付ける物が多いので当然片付けが大変になります。

特徴③ モノの置き場所を決めていない

片付ける場所を決めないと、その時の感覚でモノを置いてしまいます

適当にモノを置くと、雑然として散らかった印象になります。
そんな場所がひとつふたつと増え、
あっという間に散らかった部屋になってしまいます。

片付けが下手な人は「 モノの置き場所を決めていない 」です。

特徴④ 置き場所に工夫がない

「使いやすい場所」や「取りやすい場所」にこだわらない、
のも片付けが下手な人の特徴です。

  • 「実家では●●に置いていたから」
  • 「自然に置き場所が▲▲になっていたから」

効率を重視せず、なんとなく置き場所を決めています。

ワンポイント

最適な置き場所

  • 家の間取り
  • 生活環境
  • 使う人の年齢

によって変わります。各家庭で最適な場所を見つけましょう。

「どうやったら使いやすく、片付けもしやすいか」
と考えるのが、片付け上手な人。

「そのへんを探せば見つかるんだから適当に置いておけばいいじゃん」
と考えるのが片付けが下手な人。 

特徴⑤ こまめに片付けをしないで一気にやろうとする

こまめに片付けることが一番ラクな片付け方法です。
しかし片付けが下手な人は、こまめな片付けをきらいます。

  • 「あとで片付ける」
  • 「あとで戻す」

と言ってすぐに片付けません。

そして日頃の散らかった状態を一気に片付けようとします。
しかしいざ片付けに取り掛かると片付けるモノの量に圧倒されてしまいます。
どこから手をつけていいか分からず、途方にくれるだけで片付けがすすみません。

「あとでやる」は問題の先送りですよ。
「今すぐやる」が答えです。

特徴⑥ スペースがあれば何でも詰め込む

収納の基本は「8割収納」です。

片付けが下手な人は、
2割のあいているスペースに物をぎゅうぎゅうに詰め込みます

ぎゅうぎゅうに詰め込むと、何が入っているかがわかりません。
何かを取り出す時にも関係ないモノまでぐちゃぐちゃにしてしまいます。

特徴⑦ 収納道具が多すぎる

きれいに片付けるために収納道具は不可欠。
とはいえ収納は「あればあるほど」よいわけではありません。

片付けが下手な人は
「収納が充実すれば片付けがうまくいく」
と収納を必要以上に増やします。

収納道具は1つのモノです。
貴重な部屋のスペースをつかっています。
収納道具が増えるだけ部屋がせまくなります。

また収納があることで
「しまう場所があるから」
心にあまえが生まれます。

その結果として不必要なものを家の中に持ち込みやすくなります。

特徴⑧ 片付けの重要性を認識していない

片付けが下手な人は、片付けを単なる整理整頓の一つとしか見ていません。

片付けはあらゆる物事の効率アップにつながる重要要素です。

  • 片付けをして身の回りがすっきりすれば、集中力が高まります
  • 視界に入る情報がへれば、頭がクリアになります
  • モノを探す時間がなくなります

片付けの効能を知りましょう。
知識があることで、片付けの効能にあやかりたいと思います。
すると片付けについて学ぶので自然に上手になります。

「片付けの効能」については下記の記事をご参考にしてください。
>>片付けをすると心のモヤモヤが取れる!?片付けの効能10選

特徴⑨ 片付けることを意識してモノを買わない

片付けが下手な人は、買うモノに統一感がありません

買い物は好きなモノを買うから楽しい、のは分かります。
とはいえ片付けを全く考えないで買うのはNGです。

下記の観点をすこしだけでも意識してください。

  • 重ねられるか
  • サイズ(ヨコ幅、奥行き、高さ)
  • モノの形(四角いか、丸みを帯びているか)
  • 家にあるものとのバランスはどうか
  • フックが付いているか

中途半端なスキマなどのムダなスペースがなくなります。

まとめ

ということで今回は
「3つ以上はヤバイかも?片付けが下手な人に共通する9つの特徴?」
というタイトルで
「片付けが下手な人の特徴」をまとめました。

あなたはいくつ当てはまりましたか?

ADHD(多動性症候群)のように性質的に片付けができない人もいます。
しかし多くの場合は、
片付けに関する知識不足によるところが大きいです。
そもそも上手に片付けるにはどうすれば良いかを知らないわけです。

コツを知らなければ、片付けが下手なのは当然です。

片付けが上手な人は、
親や学校の先生など身近な人から上手な片付け方法を
知らず知らずのうちに身につけています。

また片付けの効能(メリット)を無意識的にも知っています。
そのため普段から上手な片付け方法を自然に取り入れています。

一方、片付けが下手な人は片付けのコツを抑えていません。
また片付けの効能を知りません。
日常生活の中で上手な片付け術を目にしても、自分の知識になっていません。

片付けが下手な人の特徴をみてきました。

片付けが下手なのは性格や能力の問題でなく、うまくやるコツを知らないだけでした。
片付け下手な人に見られる特徴を一つ一つ変えていきましょう。

コメント ブログ運営の励みになります。コメントもらえるとうれしいです(^o^)

タイトルとURLをコピーしました